« 缶話休題 「ペスト」を読みました | トップページ | お中元の季節がやってきました »

2020年5月24日 (日)

缶話休題 本のお話し

 この週末は緊急事態宣言が解除された地域では少しづず賑わいを取り戻し始めているようです。

東京を含む1都3県も25日には解除される見込みということで、少しずつですが、前に進んで

いるように思います。但し油断していると直ぐに逆戻り・・・なんてことになりかねませんので、

くれぐれも注意しましょう。

 さてが自粛期間中に読んだ本のお話しも自粛期間が終わる前にしておかなければなりません。

今回ご紹介するのは「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史 史上最大のITプロジェクト」

という長いタイトルの本です。みずほ銀行は旧第一勧業銀行、旧富士銀行、旧日本興行銀行の三行が

2002年に合併してできたメガバンクです。この銀行のシステム統合が2019年7月に完了

するまでに、2002年4月と2011年3月に2度の大規模システム障害を起こしており、その

間の様々な努力を綴ったものです。「敗軍の将、兵を語る」ではありませんが、「日経コンピューター」

という雑誌には「動かないコンピューター」というコラムがあり、「システム障害は何故起きたのか?」

という原因解明、「失敗を次に活かす」ためには何をすべきか?という、明日への提言が書かれて

いたように思います。そのコラムが何年にも渡って追い続けたみずほ銀行のシステムの刷新という

巨大プロジェクトを描いています。

 企業におけるシステム投資というものは、効果が目に見えにくい一方で巨額の資金が必要に

なることもあり、経営判断は難しいものだと思います。しかし先送りにしてきたツケは思いも

かけない形で自分に戻ってくることがあるようです。会社も自分自身も先を見据えて「鍛えて」

おかなければなりませんね。

 

« 缶話休題 「ペスト」を読みました | トップページ | お中元の季節がやってきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 缶話休題 「ペスト」を読みました | トップページ | お中元の季節がやってきました »